メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

東京ドーム大川総裁大講演会 支えるNSPのスター達

編集部  公開日時:2017-08-11

 

 1995年以来、実に22年ぶりとなった幸福の科学グループ創始者・大川隆法総裁の東京ドーム講演が8月2日、開催された。この日は千眼美子が約半年ぶりに公の前に登場。来年初夏公開の映画『さらば青春、されど青春。』の主題歌を披露するなど、拝聴者約5万人が大いに沸いた。

 大川総裁は「人類の選択」というタイトルの説法を45分熱弁。「転生輪廻を繰り返した魂が今、なぜ日本人として生を受けたのか改めて考えるべきだ」と語り、日本人の真なるミッションを説いた。

 そんな白熱した大講演会だったが、何と進行役と司会はニュースター・プロダクションのタレントが担当。プレッシャーのかかる大舞台を堂々と話しきった。

 進行役は5月公開の映画『君のまなざし』で主役を務めた梅崎快人と新しく誕生した芸事務所アリ・プロダクションから希島凛が抜擢。総合司会は大川宏洋ニュースター・プロダクション社長が務めた。
… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線