メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

徳川家康の擂粉木(すりこぎ)

政界往来  公開日時:2017-08-16

 

「我一人腹を切て、万民を助くべし。(中略)我一人腹を切ならバ、諸人之命を助けおくべし」。大久保彦左衛門の『三河物語』に引用された徳川家康の言葉は、現代人へのさりげない諭しともなっている。

 家康は、天下人秀吉から上洛と臣従を求められ、もし自分が上方に行かなければ大規模な合戦が起きて、多くの人々も命を落とすと考えた。仮に自分が囚(とら)われて切腹しても、戦が回避できて万民を苦しみから救えるなら、天下統一のためにそれでよいというのだ。

 リーダーはいかに責任をとるべきか-。政治家や経営者でこの難問を突きつけられた人も多い。どの政治家も、上に行けば行くほど、必要なときに責任を取らなければならない。

 その意味で防衛相、稲田朋美氏と民進党代表、蓮舫氏の辞任は、都議会選挙の結果不振や国会答弁の不手際、党勢の伸び悩みと統率力の欠如に彼女たちなりの責任を痛感したからだろう。ただ、辞任が… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線