メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

辺野古移設 不毛な法廷闘争は避けよ

政界往来  公開日時:2017-08-16

 

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設をめぐり、反対する県と移設工事を進める国が、再び法廷闘争に入る情勢だ。

 沖縄県議会で、翁長雄志知事の与党である共産、社民などが、県が国を相手取って工事差し止め訴訟を起こすための議案を可決した。

 県は来週中にも那覇地裁に提訴する方針だ。併せて、判決までの間の工事を中断させる仮処分も申請するという。

 国と県は昨年3月の和解で、辺野古移設をめぐり「(確定判決の)趣旨に従って誠実に対応する」と合意した。その後、同12月に、最高裁が国側の全面勝訴を言い渡した。

 辺野古移設の問題は、これで決着させるべきだった。それが法治国家ではないか。

 県が再び法廷闘争を仕掛けるのは、極めて疑問である。翁長知事には再考のうえ、提訴を見送ってもらいたい。

 市街地にある普天間飛行場周辺に暮らす住民の安全を確保し、日本… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線