メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

マイクの握りでわかる上西小百合議員の自分アピり度

政界往来  公開日時:2017-09-15

 

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人をピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は、上西小百合議員の謎の会見について。

 * * *
 自身のつぶやきがもとでツイッターが炎上、殺害予告が届くまでの騒動になった衆議院議員の上西小百合氏。開いた会見で何を言いたかったのか、その真意を探ってみた。

 発端は、15日のJ1・浦和レッズとドルトムントの親善試合を「遊びなのか」と揶揄したこと。これがサポーターなどから反発を買うと、「応援しているだけのくせに…他人に自分の人生乗っけてんじゃねぇよ」と挑発的なコメントをリツィート。すると殺害予告が届く事態に。

 まずは事務所で開いた緊急会見、レポーターの質問に鼻息荒く「感想を述べただけ」と、謝罪する気はまるでない。それどころか、口調はどんどんきつくなり「言… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線