メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

アメリカTPP離脱の最大の「敗者」は、アメリカ

政界往来  公開日時:2017-07-16

 

 豪ローウィー研究所のキャラハン非常勤研究員(元IMF理事)が、同研究所のウェブサイトに5月25日付けで掲載された論説にて、トランプの近視眼的決定のためにTPPを死なせてはならず、TPP11を歓迎するとしつつ、11カ国の内実は割れているので引き続き日本の強いリーダーシップに期待する、と述べています。要旨は次の通りです。

 TPPはアメリカの離脱で死んだと思われていた。当初、安倍総理もアメリカ抜きのTPPは無意味だと述べていた。しかし、5月21日のAPEC会合の機会にアメリカ以外の11カ国が「原署名国の加盟をどのように容易にするかを含め、包括的で質の高いTPP合意を迅速に発効させるための選択肢を評価するプロセスを開始することに合意した」との声明を発出したことでTPPは息を吹き返した。

 それは、中国がRCEP(東アジア地域包括的経済連携)を通じて影響力を増大させることに懸念を抱い… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線