メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

乳がんの小林麻央 全摘出しなかったのはなぜなのか?

政界往来  公開日時:2017-06-24

 

 会見に挑んだ歌舞伎役者・市川海老蔵(38才)の顔は神妙だった。「麻央から聞いて途方に暮れました」、「進行具合に関してはかなりスピードの速いもので、なかなか大変なもの」、「比較的深刻な状況」──。1年9か月前に人間ドックで発覚した妻・小林麻央(33才)の乳がん。突然の発表と、病状について語られた内容に世間からは驚きと心配の声があがった。

「比較的深刻」とはどの程度なのか。抗がん剤治療を続けているものの、手術にいたっていないと海老蔵が発言したことで、「乳房を全摘出していない、切っていないということは、見つかった時点でもう手術できないほど進行していたのではないか」という憶測の声もあがった。しかし、ある関係者はこう言う。

「“切らない”と決めたのは麻央さんや海老蔵さん、家族で話し合ってのことだったという話も聞きました。乳がんが発覚した時点では摘出手術は可能で、医師からも抗がん剤治療と… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線