メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

具体策なし 小池知事「築地は守る&豊洲は生かす」は裏目

政界往来  公開日時:2017-06-21

 

「知事が逃げた」――。20日行われた小池百合子都知事の会見で、記者の間からこんな失笑が漏れた。

 小池知事が満を持して発表した「築地市場移転」の最終案。表明したプランは築地を豊洲に移転させる一方、さらに将来的に築地にも市場機能を持たせるというもの。「5年後をめどに築地を食のテーマパーク機能を持つ一大拠点に再開発する」というのだ。豊洲と築地の両市場が併存することを視野に入れているという。なんとも壮大な構想だ。

 ところが会見時間はわずか30分。しかも質疑応答は2人に限定し、時間もたったの4分だった。記者から「大事な問題だから、もうちょっとやりませんか?」との声が上がったが、小池知事は無視して会場を出て行った。

「まさに“言語明瞭・意味不明”の会見でした。豊洲にいつ移転するのか、5年後に築地に市場機能を戻した場合、豊洲はどうなるのか、豊洲に業者の一部が残り、市場が2つになって… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線