メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

ローソン玉塚元会長に続き「サトーホールディングス」松山一雄社長も[M資金]に手を伸す

編集部  公開日時:2017-05-12

 

自動認識システムの世界的企業に何が起きているのか?!

 終戦直後、進駐軍が押収した金品をルーツといわれる[M資金]。これを超低金利で融資を受けられるとのフレ込みの詐欺事件は、ひと昔前から横行していた。そして今、このウソ話に乗り、資金を受けるための確約書にサインした1部上場会社の社長が複数いる、という。そのひとつに優良会社「サトーホールディングス」がある。一体、同社に何が起きているのか――。


 GHQのマーカット少将の頭文字を取った[M資金]。これを道具にした詐欺事件は、時代のときどきに現れる。そして今、このM資金があたかも亡霊の如く徘徊している。
『週刊新潮』(4月27日号)で報じられた怪しいM資金話に関わった人物として登場したのは、大手コンビニチェーン「ローソン」の玉塚元一会長だった。

 実はこの話、複数のマスコミが把んでいたもので、

「M資金グループには“… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線