メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

「シリア情勢」と「4月朝鮮半島危機」を理解するための“5大発言”

政界往来  公開日時:2017-05-01

 

ドナルド・トランプ 米大統領
「シリアで起こったことは人類の恥だ。私は、アサド大統領が実行したと思っている。何かしらの対応が必要だ」

ハフィントン・ポスト 4月7日

 名言、珍言、問題発言で1週間を振り返る。世界情勢が一気に緊迫の度合いを増してきている。特に今日4月15日のニュースには注目しなければならない。
 順を追って見ていこう。4月6日、内戦が続くシリアで政権側が化学兵器を使用したことへの対抗措置として、アメリカ軍はシリア国内の空軍基地に向けて巡航ミサイル59発を発射して攻撃した。
 ドナルド・トランプ米大統領は「今夜、私はすべての文明国に対し、シリアの虐殺と流血、ありとあらゆるテロ行為を終わらせるために協力を求める」と声明を発表。これに対してシリアのバッシャール・アル=アサド大統領は「100%でっちあげだ。アメリカは、攻撃の口実とするため、すべて筋書きをでっちあげ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線