メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

舞台『俺と劉備様と関羽兄貴と』なんと連日満員御礼!

編集部  公開日時:2017-04-14

 

 劇団新星の旗揚げ公演『俺と劉備様と関羽兄貴と』(HSU未来創造・東京キャンパス)が2日、千秋楽。9日間の熱い舞台が幕を閉じた。

 一見すると普通の舞台に思えるが『俺と~』は旗揚げ公演で、とてつもない“記録”を打ち立てていたのだ。

「3月25日から4月2日までの9日間で公演数が13。その全てが満員御礼だったのです。客数は180なので少なくとも2340人が来場、公演を観賞した事になります」と関係者が衝撃の事実を告白する。

 ジャニーズや歌舞伎など“メジャー”なタレントが出演する舞台ならば、1080人の動員は考えられるが『俺と~』はほとんどのキャストが駆け出し俳優。それにも関わらず、この動員数は舞台の魅力が一般大衆に届いたと言わざるを得ない。

 芸能評論家の肥留間正明氏もこの“快挙”を手放しで絶賛する。

「旗揚げ公演で初日から楽日まで超満員というのは長い芸能の歴史… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線