メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

李首相が大風呂敷 国有企業の負債が国民に押しつけられる

政界往来  公開日時:2017-07-16

 

 3月15日に閉幕した全国人民代表大会は、年に11日間しか開かれない「中国の国会」だが、今年は特に習近平主席をあがめ奉る雰囲気が顕著なシャンシャン大会だった。

 そんな中で、李克強首相は中国経済の各種目標について、大風呂敷を広げてしまった。そのため今後の経済運営は、中国政府が無理な公約を実現しようとして、大変な混乱が起こるのではという懸念が広がっている。

 全国人民代表大会を取材した中国の経済記者が、ため息交じりに語る。

「いまの中国経済の最大の問題は、鉄鋼、石炭、金属、造船、化学工業といった重厚長大業界で、国有のゾンビ企業が生産過剰に陥って、天文学的負債を抱えていることだ。中国政府は、こうした国有企業に転換社債を発行させることで、急場をしのごうとしている。中国政府は昨年10月10日、『積極的に企業リスクを軽減するための意見』(54号文件)を出し、12月1日には『鉄鋼業と… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線