メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

北朝鮮外務次官訪中を読み解く――北朝鮮の狙いと中国の思惑

政界往来  公開日時:2017-05-14

 

28日、北朝鮮外務次官が訪中した。同日、中国の楊潔チ国務委員とトランプ大統領が会談。THAADの韓国配備予定地の承認も進み、3月1日からは米韓軍事演習が始まる。最も見落としてならないのは北朝鮮代表団のマレーシア入りか。

北朝鮮の李吉成(イ・キルソン)外務次官訪中

2月28日、北朝鮮の李吉成(イ・キルソン)外務次官を団長とする北朝鮮の外務省代表団が北京に到着した。3月4日まで滞在し、王毅外相(外交部長)や劉振民外務次官(副部長)、孔鉉佑外務次官補(部長助理)とも会談する。

中国の中央テレビ局CCTVが外交部の耿爽報道官の言葉として報道した。それによれば、双方は中朝関係と共通の関心事である国際問題や地域の問題に関して意見を交わすという。(なお、日本では「李吉聖(リ・ギルソン)」と表記されているが、中国ではすべて「李吉成(Li Jicheng)」と表記されており、中国の報道から… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線