メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

<script type="text/javascript">rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0408ef80.6c42e92b.09107b03.2087fd89";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="250x250";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1515987454941";</script><script type="text/javascript" src="https://xml.affiliate.rakuten.co.jp/widget/js/rakuten_widget.js"></script>

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

「鳥貴族」がワタミをついに追い抜いた理由

政界往来2  公開日時:2017-04-10

 

全品280円均一の焼き鳥屋は何が強いのか

「居酒屋不況」と呼ばれて久しい。日本フードサービス協会が今年1月25日に発表した2016年の外食市場は、全体の年間売上高が前年比2.8%増と2年連続で前年を上回った一方、「パブレストラン/居酒屋」に限れば前年比7.2%減と8年連続でマイナスとなった。少子高齢化、人口減、若者のアルコール離れ、飲酒運転の厳罰化、ファミレスやファストフードで広がる「ちょい飲み」、貧困層の拡大――。マイナス材料には事欠かない。

国内の居酒屋はそもそも「店舗数が2~3割は過剰」だといわれている。プレーヤーの入れ替わりも激しく、近年は主要な居酒屋大手も本業における業績拡大には苦戦ぎみだ。ところが、それとは逆行するように着実な右肩上がりの成長を続けている居酒屋チェーンがある。大阪に本社を置く「鳥貴族」である。この5年間で売上高は約3倍、営業利益は10倍以上に伸びてい… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線