メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

福岡の復旧工事に海外絶賛! その裏で

政界往来  公開日時:2017-01-31

 

 福岡県福岡市で11月8日に、JR博多駅近くの道路が陥没したニュースは、世界的に大きく報じられた。

 都会の真ん中の道路に、ぽっかりと直径30メートル、深さ15メートルの穴が空いた様子は衝撃的だったが、実は道路の大規模な陥没は世界的に珍しくない。最近で言えば、2007年に中米グアテマラの首都グアテマラシティで陥没が起きて3軒の民家をのみこんで3人が死亡した。グアテマラでは2010年にも陥没が起きている。米国でもウィスコンシン州ミルウォーキー(2010年)やフロリダ州オーランド(2013年)でも大きな陥没事故が起きている。またロシア(2007年)や中国(2013年)でも発生している。

 福岡のケースでは、幸いなことに死傷者を1人も出すことはなかった。都市の中心部で起きたことを考えれば、それだけでも奇跡だと言えそうだ。

 そして今回の事故が海外でも大きく取り上げられたことは、… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線