メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

どういう人がヤクザになるのか?(3) カタギの私たちがリスクを負わされる

政界往来2  公開日時:2017-03-01

 

■暴力団を無くしたら

 これまで2回にわたって、ヒトがヤクザになる要因を見てきた。すでに取り上げた家庭、学校の問題は要因の一部に過ぎない。

 それ以外にも、仲間の問題、生まれ育った地域の問題、そしてさらに本人の個人的な資質(性格など)があるのは言うまでもない。

 いずれか一つの要因でヤクザになるというよりは、数多くの要因がすべてあてはまってしまった時に、ヒトはヤクザになりやすい。犯罪社会学者の廣末登氏は、著書『ヤクザになる理由』の中で、そう指摘している。

 こうした分析にたいしてはさまざまな意見があるだろう。「家庭のせいにしないで欲しい。偏見を招くから」「最大の問題は地域だ」といった声も実際に寄せられた。

 また、「どっちにしてもクズはクズ。そんな奴らのことを調べて意味あんの?」といった厳しい意見もある。こういう意見の方の中には、

「警察がどんどん摘発し… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線