メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

老舗温泉ホテルの熾烈な価格競争 1泊2食で6000円以下も

政界往来2  公開日時:2017-01-31

 

「温泉観光ホテル」と聞くと、昔からある巨大な有名施設を連想する人は多いだろう──。確かにバブル期にはたくさんの団体客で賑わった老舗ホテルだが、その後、不景気による稼働率低迷やサービスの陳腐化などで廃業に追い込まれる施設もあった。

 そして今、温泉ホテルは徹底的に追求したコストパフォーマンスを武器に、生き残りどころか再ブームともいうべき人気を博している。ホテル評論家の瀧澤信秋氏が温泉ホテルチェーンの最新事情をレポートする。

 * * *
 高速道路を走っているとよく見かけるバスがある。ブルーのラインが入ったバスで「湯けむり号」と記されている。鬼怒川や日光、草津や熱川など関東で展開されている「おおるりグループ」の送迎バスだ。都心をはじめ埼玉県、神奈川県の主要駅からの運賃が往復で1000円台とお得だが、施設本体の料金も低廉な設定だ。

 1泊2食に夕食時の飲み放題も付いてなんと… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線