メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

“国民の総意”どこに 天皇陛下『生前退位』

政界往来  公開日時:2016-10-31

 

10月17日。天皇陛下の生前退位などについて検討する有識者会議の初会合が行われました。 天皇陛下のお気持ちが明らかになってから3か月。皇室制度の根幹に関わる重い宿題を背負うことになった政府の対応は?膨大な論点とは? 政治部官邸クラブの古垣弘人記者が解説します。

■“マグニチュード9の衝撃”

7月13日午後7時前。総理大臣官邸。入り口のエントランスで取材にあたっていた私たちの携帯電話に一斉にメールが入りました。
「天皇陛下『生前退位』の意向」。NHKニュース速報のメールでした。
「“セイゼンタイイ”?」。すぐには、意味するところが判然としませんでした。
報道各社の記者とともにテレビの前へ走りました。直後に始まったニュースで伝えられていたのが、「天皇陛下が、天皇の位を生前に皇太子さまに譲る『生前退位』の意向を宮内庁の関係者に示していることがわかった」というものでした。… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線