メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

“60億円詐取”「みずほ銀行」元支店長逮捕でも残る「大疑問」

政界往来2  公開日時:2016-10-01

 

“銀行員の犯罪”に、ようやくメスが入った――3月24日、警視庁捜査2課共同捜査本部は、みずほ銀行元東陽町支店長の及川幹雄(51)を逮捕した。

「容疑は、2011年5月から約1年間、“元本保証、月利3%の配当”というウソの投資話で、世田谷区在住の医師から1億1500万円を騙し取ったというもの。同じく逮捕された森田光一(38)と櫻橋厚(こう)(45)は、医師と及川を仲介し、及川から手数料を取っていました」(社会部記者)

 及川の手法は、“みずほ銀行審査第二部審査役”の肩書を使い、東京・内幸町(当時)のみずほ銀行本店応接室で投資話を持ちかけるというもの。被害者は他に数十人に及び、被害総額は60億円に迫るという。

 これほど巨額のカネ、いったいどうなったのか。

「カネの匂いを嗅ぎつけたブローカーや暴力団関係者が群がり、むしり取っていたようです」(同)

 12年9月に懲… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線