メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

日本の「工匠精神」に学べ!中国企業に高まる気運

政界往来  公開日時:2016-09-30

 

 中国経済はいまや厳しい局面に直面している。

 これまでは、労働力人口が全体の人口増加率より高かったため、豊富な労働力が経済成長を後押しする「人口ボーナス」の時期にあり、その恩恵を満喫して、安い製造コストでいろいろなものを作っては海外へ輸出して、経済発展のスピードを維持してきた。

 当時の中国では企業を「做大、做強」にしようといったスローガンがよく聞かれていた。つまり、企業を大きく強くしよう、ということを求めていたのだ。規模とスピードが追求されていた時代だから、こう求めていたこと自体は咎められない。

 しかし、人口ボーナスが減り、これまで走ってきた経済発展路線に陰りが生じ、安かろう悪かろうのやり方では、企業と経済をこれ以上発展させることが困難になってきた。倒産に追い込まれた企業も後を絶たない。企業経営者も政府関係者も途方に暮れている。

 中国経済はこれからどのような… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線