メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

山本地方創生相、インサイダー捜査中止を画策

政界往来  公開日時:2016-09-30

 

“知人”が調査対象の事件を国会質問で問題視

 これといったスキャンダルにも見舞われず、安倍内閣は高い支持率を維持してきた。その慢心からか、金融犯罪グループとの接点と言える人物を重要ポストに抜擢したのである。山本幸三地方創生相(68)は、インサイダー捜査を阻むような国会質問を行っていたのだ。

 ***

 いくら、“お友だち人事”だとか、“待機組”に配慮しただけの組閣だと批判されても、どこ吹く風なのだ。

 8月初め、第3次安倍再改造内閣が発足したが、安倍晋三総理は相変わらず、“お友だち”を主要ポストに登用し、初入閣には当選回数を重ねたベテラン議員の雁首が揃った。

 山本幸三地方創生相も大蔵官僚から政界入りし、衆院当選7回を数えて、ようやく大臣ポストを射止めた待機組だった。

「山本さんの入閣は、“アベノミクス応援団”の団長としての論功行賞という側面があります」… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線