メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

移転直前に浮上した「豊洲」欠陥問題 本当に大丈夫なのか?

政界往来  公開日時:2016-09-15

 

 長らく東京都民の胃袋を支えてきた築地市場が、間もなく歴史に幕を下ろします。老朽化などを理由に、11月7日に約2キロメートル離れた江東区豊洲の豊洲市場に移転する予定なのです。築地市場は関東大震災で被災した日本橋魚河岸の市場機能を担うべく、昭和に入って築地へと移転してきました。東京一のブランドタウン・銀座からも至近である築地は、昨今は訪日外国人観光客も多く訪れる一大観光地にもなりました。

 しかし、ここに来て移転計画が揺らいでいます。豊洲移転に疑問符をつけた小池百合子都知事は、リオデジャネイロ五輪から帰国したばかりの記者会見で移転先延ばしに含みを持たせた発言をしています。

 移転まで3か月を切った直前でのドタバタ劇。どうして、ここにきて築地市場の移転が問題視されているのでしょうか?

床が魚の水槽の重さに耐えられない?

 築地市場の豊洲への移転は、猪瀬直樹都知事時代から… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線