メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

米中戦争は起こりうる その2どう戦いが始まるのか

政界往来  公開日時:2016-09-15

 

アメリカの大手研究機関「ランド研究所」の「中国との戦争」と題する報告書は戦争への契機として以下のようなケースをあげていた。つまり米中戦争はどのような原因で始まりうるのかという想定である。

(1)東シナ海の尖閣諸島などをめぐる日中両国の軍事摩擦。

(2)南シナ海での中国のフィリピンやベトナムへの軍事威圧。

(3)北朝鮮の政権崩壊による米中双方の朝鮮半島軍事介入。

(4)中国の台湾に対する軍事的な攻撃あるいは威嚇。

(5)排他的経済水域(EEZ)やその上空での艦艇、航空機

の事故的な被害。

以上のような小規模な軍事的摩擦や衝突が米中両国の戦争へとエスカレートしうるというのだった。

日本にとっては米中戦争のその発端の(1)が尖閣諸島をめぐる衝突だというのはショッキングである。尖閣事態は米中戦争の危機をもはらんでいるというのだ。

尖閣諸島に対し… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線