メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

台湾の「日本好き」が過去最高に。なぜここまで相思相愛なのか?

政界往来  公開日時:2016-08-15

 

【台湾】なぜ日本と台湾は過去最高の相思相愛なのか

● 台湾 最も好きな国は日本56% 過去最高

日本の台湾との窓口機関である交流協会が台湾で行った世論調査では、もっとも好きな国として日本を挙げた台湾人が56%となり、これまでの調査で過去最高となりました。

これまでも台湾は世界一の親日国として知られ、ずっと台湾人の「好きな国」のトップを走ってきた日本ですが、それにしても2位の中国(6%)、3位のアメリカ(5%)と10倍近い開きがあります。また、中国は韓国と並んで「嫌いな国」の1位、2位を競っていますから、実質的には2位はアメリカということになるでしょう。

台湾では昨年の日本への旅行者が初めて300万人を突破しました。この調査でもいちばん行きたい旅行先として日本を選ぶ人が42%とこちらもトップとのことです。

一方、「地球の歩き方」が日本で行ったアンケートでは、今夏… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線