メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

孫正義氏 3.3兆円買収の先に「10年後のアップル超え」

政界往来  公開日時:2016-08-15

 

 3兆円あったら何を買うか? そう訊かれて即答できる人は滅多にいないが、孫正義・ソフトバンク社長に言わせれば「10年前から狙っていた品物」だった。

 7月18日、ソフトバンクグループは英半導体設計大手ARMの買収を発表。その金額は約240億ポンド(約3.3兆円)で、日本企業の海外企業買収としては最高額となる大取引だった。市場では「大きすぎる買い物」「負債が膨張する」と不安視する見方が広がり、ソフトバンク株は19日に約600円も値を下げた。

 とはいえ、4月以降の円高局面に加え、国民投票によるEU離脱決定でポンドが大幅下落したタイミングでの買収は“超お買い得”だった。国民投票前のレート(1ポンド=158円)から大きく値を下げた時点(同140円)での買収は、単純計算で約4300億円も安く買えたことになる。

 孫社長は「(ポンド下落局面は)偶然だ。ポンドは15%下がっているが、… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線