メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

米FRBが行なった「利上げ」って何? 早稲田塾講師・坂東太郎の時事用語

政界往来  公開日時:2016-08-15

 

 アメリカの連邦準備制度理事会(FRB)は2015年12月、金融政策の最高意思決定会合である連邦公開市場委員会(FOMC)を開き「利上げする」と全会一致で決定しました。利上げは実に9年半ぶり。具体的には政策金利を0.25%引き上げるという内容で基本的にはアメリカ国内の問題ですが、ドルが世界中で最も信頼されている基軸通貨であるため各国市場の株価が上下するなど大きな影響を与える可能性もあります。


 そこで、そもそもこの「米利上げ」って何? という点を掘り下げていきます。

●中央銀行の「利上げ」って?

 FRBは中央銀行です。日本ならば日本銀行。中央銀行は通貨(銀行券)を刷れる唯一の存在で(発券銀行)、民間銀行など金融機関にお金を貸し出します(銀行の銀行)。「通貨の番人」とも称されるように、その時々の経済の状況に合わせて、物価を安定させ、「お金の価値」を守って安心して暮ら… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線