メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

巨泉さん妻・寿々子さん「4月から死を覚悟」、鎮痛剤誤投与に怒り

政界往来2  公開日時:2016-07-25

 

 約11年にわたるがん闘病の末、82年の生涯を閉じた大橋巨泉さん。47年連れ添った14歳下の夫人、寿々子さん(68)は20日、報道各社にあてた文書で「最後は眠ったまま静かに旅立ちました」とつづった。「4月からは死を覚悟し、じっと我慢をしてくれました」と秘話を明かしつつ、一部鎮痛剤の治療に「許せない」と怒りもにじませた。

 巨泉さんは2005年に胃がんを手術。13年に中咽頭がんで3度の手術、昨秋には2度、腸閉塞の手術を受けた。一時は周囲も希望を持ったが、4月に受けた在宅介護の医療機関によるモルヒネ系鎮痛剤の投与で極端に体力が減退した。

 このため、4月11日に緊急入院。5月下旬から集中治療室に入るも、次第に眠る時間が長くなったという。最期は弟で所属事務所代表の大橋哲也さんを含む親族に見守られ、寿々子さんは「眠ったまま静かに旅立ちました」とコメント。主治医から指摘を受けたという4月… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線