メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

田中角栄の婚外子が売り歩く形見の硯 自民からの出馬もならず

政界往来  公開日時:2016-07-25

 

 留まるところを知らない「田中角栄」ブーム。関連本の出版が相次ぎ、石原慎太郎著『天才』は、今上半期最大のベストセラーとなるほどの売れ行きを見せている。しかし、そんなチャンスに蚊帳の外なのは、長男・田中京氏(64)。懐は、季節外れの木枯らしが吹きっぱなしだという。

 ***

「長男」と言っても、京氏の実母は、神楽坂で長らく芸者を生業としてきた故・辻和子さん。いわゆる婚外子で、田中真紀子元外相とは異母姉弟の間柄だ。

 昨年末以降、京氏が来る参院選で自民党からの出馬を模索していたのは既に報じられている。

 しかし、

「党内部でも、真剣に検討する向きはありませんでした。いくら流行りでも『角栄の長男』だけで当選できるほど甘くはないですよ」(自民党関係者)

 と、いつの間にか立ち消えとなってしまっていた。

■200万と100万

 確かに元首相の息子とはい… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線