メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

日本のテレビはなぜ凋落したのか? 海外とは決定的に違うある制度

政界往来  公開日時:2016-06-15

 

旧態依然とした体制を続ける日本のテレビは変わるのか?


今後のテレビについてお伺いします。

今の日本のテレビはものすごくマイナーな立ち位置にあると感じます。

ニーズすら汲みきれていないと感じます。

しかし、未だ影響力はとても大きく、出演者の給与や予算も一般社会からは大きくズレており、テレビで放送されることが世間一般の声のように放送されていることにも疑問があります。

高城さんはテレビが変われば日本は変わると仰っていますが、理想ではなく現実的には今後のテレビというのは、どうなるのでしょうか?

影響力は徐々に落ちていくとは思いますが、バグルスのVideo Killed Radio Starではないですが、テレビがインターネットに殺される日は来るのでしょうか?

現状では益々テレビの劣化が進んでいますが、レベルの低下は加速するのか? 影響力は弱まるのか? … → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線