メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

中国・環球時報が英メディアを罵倒 「エリザベス女王」報道でメンツ丸潰れ

政界往来2  公開日時:2016-05-16

 

 英国のエリザベス女王が、中国の習近平国家主席による昨年10月の公式訪英に絡み、「(中国当局者の英国側への態度が)非常に無礼だった」と発言していたことを受け、中国メディアが猛反発した。女王陛下に文句を言うわけにいかなかったのか、英国メディアを「ゴシップ狂たち」などと罵(ののし)ったのだ。英中関係は「蜜月から対立」に向かうのか。

 女王の本音発言は、バッキンガム宮殿で10日開かれた園遊会で、習氏訪英の警備責任者を務めた女性警官との立ち話で私的に披露された。これをテレビカメラのマイクが拾い、BBC放送などが11日、「英女王、中国当局は大変非礼」として全世界に向けて報じた。

 完全にメンツを潰された中国だが、さすがに英国の元首である女王を批判できなかったようだ。ただ、中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は黙っていなかった。

 AFP通信(日本語版)は12日、「英マスコミの『野… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線