メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

《山口組分裂 続くにらみ合い(中)》「実弾1発1万円」分裂で高騰する拳銃と実弾の価格…抗争への備えか

政界往来2  公開日時:2016-05-15

 

 「拳銃の値段が急激に上がっている」。

 国内最大の指定暴力団山口組(神戸市、6代目組長、篠田建市=通称・司忍)が平成27年8月に分裂、離脱グループが結成した指定暴力団神戸山口組(兵庫県淡路市、組長・井上邦雄)との間で対立抗争事件が頻発し出したころ、闇ルートでの拳銃の密売価格について暴力団幹部が証言した。

抗争への備え、高騰する拳銃の価格

 暴力団幹部の証言が続く。「昨年夏の分裂前は拳銃の取引価格は20万〜30万円だった。しかし、分裂以降は70万〜80万円が相場となっている。実弾は1発1万円だ」と水面下の取り引きについて説明する。別の暴力団幹部は「弾を多めに付けて3桁(100万円)で売れることもある」と明かす。

 いずれも、対立抗争に備えて、「6代目(山口組)側も神戸(山口組)側も拳銃を集めている。分裂から急激に拳銃の需要が高まっているため、値段が上昇するのは当然の… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線