メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

百田尚樹氏「安倍首相は軍隊を創設すべき」 炎上発言の真相を語る

政界往来  公開日時:2016-05-15

 

『永遠の0』『海賊とよばれた男』等、ミリオンセラーの生みの親としてのみならず、数々の「炎上発言」「問題発言」でも知られる作家・百田尚樹氏。前回ご紹介した「9条信者を前線に」同様、新聞やネットで叩かれたのが、いわゆる「軍隊創設」発言である。

 その顛末と真意について、百田氏が新刊『大放言』(新潮社刊)で明かしている内容をご紹介しよう(以下は、同書第四章「我が炎上史」より)。

 ***

■百田は軍国主義者である

《安倍政権下では、もっとも大きな課題として憲法改正に取り組み、軍隊創設への道をつくっていかねばなりません》

 これは私が渡部昇一氏との対談集で語った言葉であるが、「しんぶん赤旗」やネットニュースなどで盛んに取り上げられ、「百田尚樹は軍国主義者である」というイメージ作りにさんざん利用された。私を憎む人たちはこの一文をブログなどに載せたから、ネット上でも多くの… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線