メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

ボーイング、エアバスが頼みにするロシア企業

政界往来  公開日時:2016-04-30

 

チタン部品の5割前後を依存、経済制裁にびくともせず

 ロシアの現在の経済情勢では、なかなか元気な企業はなく、特に製造業では経済悪化前から好事例を探すのは難しい。

 しかし、ボーイング、エアバスが頼るチタンメーカーVSMPO-AVISMAは輸出競争力があり、ルーブル安の影響を受けにくい体質を持ち、この経済情勢でも不安のない例外的な存在である。

 チタンは航空機製造に必須の金属だが、伝統的にロシアが得意としてきた。チタンは軽く、強く、錆びない金属と言われる。錆びない(耐食性が高い)ことを利用して化学プラントや医療機器に用いられ、軽く強い性質を利用して航空機に用いられる。

 VSMPO-AVISMAは特に航空産業で高い地位を築き、ボーイングは使用量の40%をロシアに頼る。エアバスはそれ以上で60%もロシアに依存している。そのため、同社は航空機メーカー関係者(特に機体構造や… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線