メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

桜の枝折って記念撮影、トイレ汚物まみれ…「ここは中国じゃない」と怒りの声

政界往来  公開日時:2016-04-30

 

「フランクフルト切り分けろ」中国人“爆花見”の傍若無人

「爆買い」の次は「爆花見」なのか。日本で満開の桜を楽しむ外国人観光客が増え、ときに傍若無人に映る中国人観光客らの振る舞いが波紋を広げている。関西随一の花見の名所として知られる大阪城公園(大阪市中央区)にも今春、中国人観光客らが大挙して押し寄せた。その需要を取り込もうと、高級フルーツを販売する露店が登場するなど園内は大盛況。ただ、やはり爆買いのときと同様、マナー違反で少なからぬ「摩擦」を生んだようだ。記念写真を撮影するために枝を折り、注意をされても知らん顔。公園の清掃員はトイレのあまりの汚さに憤慨する。「ここは中国じゃない」。日本人の怒りの声は届くのか。(井上浩平)

■木を揺すり花びら舞わせ…

 ボキッ。4月5日夕方、花見客で混雑する大阪城公園の桜並木に鈍い音が響いた。

 「イー、アール、サン(イチ、ニ、サン)」… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線