メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

ダブル選に「大義」なし!  幸福実現党幹事長 加藤文康

編集部  公開日時:2016-04-16

 

 まず、4月14日以降、熊本県を中心に発生した大地震の被災者の方々に心よりお見舞い申し上げますと共に、この度の被災によりお亡くなりになられた方々に衷心よりお悔やみ申し上げ、哀悼の意を表します。

 さて、安倍首相が6月サミット終了後の余勢を駆って衆議院を解散、7月に衆参ダブル選を仕掛けてくるという観測が、日増しに強くなっています。

 2014年、首相は突如衆院を解散、総選挙を行いましたが、その際に「大義」として掲げたのが「消費増税10%の延期」でした。元々我が党があれだけ反対したのに聞く耳を持たず、消費税を5%から8%へ引き上げてしまったところにアベノミクス失敗の主因があったにも関わらず、そうした失敗の責任を首相以下、誰も明確にしないままの総選挙でした。

 それから1年あまり。残念ながら、我が党が懸念したとおり、日本経済はGDPの2四半期連続マイナス成長が見込まれるなど、… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線