メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

神戸山口組本部に車突入 淡路島“全面抗争”でシチリア化も

政界往来2  公開日時:2016-04-30

 

 いよいよ全面抗争の幕開けか――神戸の本拠地に緊張感が走った。11日午前6時ごろ、兵庫県淡路市にある神戸山口組の本部事務所に、乗用車が突っ込んだのだ。昨年8月に6代目山口組と神戸山口組が分裂して以降、全国各地で抗争が頻発しているが、本部事務所で起きたのは初めて。

 器物損壊の疑いで逮捕されたのは住所・職業不詳の吉原弘志容疑者(52)。取り調べに対し「運転を誤った。暴力団事務所とは知らなかった」と話しているというが、どこまで本当なのか。今月8日には、この本部で神戸山口組が初の定例会をやったばかり。現地は超厳戒ムードだという。

「車は前方から突っ込んでいて、やり方としては“素人”。通常、車両特攻する場合はバックで突っ込むのが常套手段です。前方からだと、車両が壊れる可能性もあるし、逃げにくい。状況的には6代目サイドが起こした事件のように見えますが、警察も慎重に判断しようとしている… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線