メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

日清「バカやろう」CMの謝罪騒動が示す皮肉

政界往来2  公開日時:2016-04-16

 

ネットとお茶の間の反応は大きく違った

カップヌードルの新CMが1週間で放送中止

日清カップヌードルの新しいテレビCMが開始1週間ほどで放送中止となったことが波紋を呼んでいます。

このテレビCMは3月末から公開されたもので、ビートたけしさんが学長を務める「OBAKA's UNIVERSITY」で小林幸子さん、ムツゴロウさん、矢口真里さん、新垣隆さんといった個性的なメンバーが教員に扮し、それぞれの学部で教鞭を執るという設定。「いまだ! バカやろう!」というビートたけしさんの呼びかけが非常に印象的でした。

ただ、結果的には日清食品に多数の批判的な意見が寄せられたことで放送は取り止めとなり、日清食品がホームページにお詫び文を掲載する事態に発展しました。

「ご不快な思いを感じさせる表現がありましたことを深くお詫び申し上げます。皆様のご意見を真摯に受け止め、当テ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線