メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

「パナマ文書」で疑わしい関係持つ銀行に厳しい目

政界往来  公開日時:2016-04-15

 

 世界的に著名な人物――国家元首から一流スポーツ選手、エンターテイナーまで――が何十億ドルもの資金をオフショア(注:自国外を指す。ここでは租税回避地の意)へ移すのにパナマのある法律事務所が手を貸した際、この事務所は欧州の各銀行と密接に協力した。

 問題の法律事務所モサック・フォンセカから流出した膨大な文書によれば、HSBC、クーツ、ロスチャイルド、UBS、クレディ・スイスなどは、モサック・フォンセカが顧客のために何千社ものペーパーカンパニーを立ち上げるのを手伝った。

 国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が内容を報じたこれらの文書(「パナマ文書」)は、銀行の活動範囲の詳細を明らかにするだけでなく、脱税を取り締まる欧米規制当局の取り組みに銀行が対処した方法も浮き彫りにしている。

 暴露を受け、英国の政治家はすでに、もしそれが裕福な顧客の脱税を可能にする場合には、不透明… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線