メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

安倍政権による沖縄県との「和解」とは…… 幸福実現党幹事長 加藤文康

編集部  公開日時:2016-04-04

 

「和解」は、原理原則を踏み外していないか。

 3月上旬、普天間飛行場の辺野古移設問題をめぐる、政府と沖縄県との間で行われた訴訟において、両者が「和解」を受け入れたのは周知のとおりです。私も大学では行政法を専攻した端くれでありますが、今回は複雑な内容で、頭の中で整理するのにいささか時間がかかりました。

 ここで詳述し出すと法律用語の羅列となるので、誤解を恐れず判りやすくまとめると、今回の「和解」は、あくまでも裁判上の手続きの話であり、国と県が従来の方針を変えて仲直りした訳では決してありません。そしてその内容は、以下の3点に集約されましょうか。

1.国と県がそれぞれに起こした辺野古に関する3つの訴訟を、お互いが一旦、すべて取り下げ、「国地方係争処理委員会」を通じた争いに一本化し、その結論はお互いに尊重する。
2.その間、再度誠実に話し合う。
3.政府も話し合いの間は、辺野… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線