メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

弁護士が1億円の所得隠しでも注意で済ませる弁護士会を信用できるか

政界往来  公開日時:2016-04-15

 

 弁護士が胸に付けているバッジの真ん中には「天秤」の模様が刻まれている。公正と平等を意味したものだが、弁護士会という「村」の中ではやっぱり建前に過ぎなかった。巨額の所得隠しを国税から問題にされても、大甘の処分で済ませてしまうのだから。

 ***

 愛知県弁護士会に所属する長谷川鉱治弁護士(57)に懲戒処分が下されたのは3月4日のこと。

 国税担当の記者が言う。

「処分の対象になったのは1億1000万円もの所得隠しです。事件が発覚したのは2013年、長谷川氏が4年間にわたって受け取っていた顧問料などを申告せず、さらに経費の水増しを行っていたことを名古屋国税局から指摘されたのです。所得隠しは、彼の顧問税理士の脱税事件からイモヅル式に判明したのですが、長谷川氏はその税理士の弁護人も務めており、自分にも累が及ぶことを察知。慌てて翌年度の納税の際に隠していた分を上乗せして申告… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線