メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

海賊の片棒を担ぐ中国海警局の「軍艦」

政界往来  公開日時:2016-03-30

 

首相「わが国領海は断固守り抜く」は無理筋?
「わが国の領土・領海は断固として守り抜く」

 安倍晋三首相(61)が、海上保安官を養成する海上保安学校の卒業式(19日)で行った訓示を、揚げ足取りを承知で、あえて「間違い」だと問題提起したい。法律を意地悪く読み込めば、海上保安庁に領域警備任務は付与されていない。現職首相として初めて卒業式に出席し、海上保安官を「日本国民の誇り」とたたえた安倍氏の思いは尊い。ただ、今次小欄の注目は訓示後半。図らずも、海上安全保障の重大欠陥を浮き上がらせた。

 首相の訓示は無理筋

 「海上保安庁の役割は、これからも変化し、その重要性を一層増していく。それは時代の要請であります」

 訓示では、沖縄県石垣市の尖閣諸島周辺で繰り返される、中国公船の領海侵入を指摘。拡大する海保の「役割」や「重要性」に理解を示した。が、海保の装備や関係法体系では「時代… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線