メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

トヨタ「C-HR」は走りもスタイルも規格外だ

政界往来  公開日時:2016-03-30

 

渾身の新型SUVが狙うのは「先駆者」の復権

トヨタ自動車が3月上旬にスイスで開かれたジュネーブモーターショーで世界初公開した「C-HR」が話題になっている。クロスオーバーSUV(スポーツ多目的車)と呼ばれるジャンルに属する新型車だ。2016年内にも日本をはじめとする世界の主要市場へ投入するとみられている。

C-HRはむしろ「量産モデルのほうがカッコいい」

トヨタのプレスカンファレンスは3月1日11時45分からの予定だったが、15分刻みで行なわれる各メーカーのプレスカンファレンスが遅れ、開始されたのは30分後の12時15分。筆者は早めに席を確保したが、開始直前にトヨタブースは報道陣であふれかえっていた。ジュネーブショーには過去10年近く通っているが、トヨタブースがここまでにぎわっているのを見たのは初めてである。

実はこのC-HRは2014年のパリモーターショーで“純粋… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線