メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

分裂から半年 「六代目山口組」と「神戸山口組」の抗争が激化する理由

政界往来  公開日時:2016-03-30

 

 2月中旬以降、明らかに暴力のステージが上がった――。暴力団ウォッチャーはそう評するが、今後、「報復の連鎖」は臨界点に向けてさらに激化する、との見方もある。分裂から半年。六代目山口組と神戸山口組の「静かなる抗争」の裏では何が起こっているのか。

 ***

 その目撃者が袋叩きの乱闘を目の当たりにしたのは、2月15日夕刻である。

 場所は、居酒屋やクラブが軒を連ねる新宿・歌舞伎町の区役所通り。最初に目に飛び込んできたのは、数人の男が歩道でもみ合っている様子だったが、よく見てみると、迷彩柄の上着を着た男がそれ以外の男たちに取り押さえられていることが分かった。

 そのうちに男たちは、被害者が着ていた迷彩柄の上着を無理やり脱がし、腕を掴んで車道の方へと引っ張りながら彼の頭部に容赦なく膝蹴りを入れる。“オラァ!”“なんだ!”という怒号が飛び交う中、どこから集まってくるのか、4人… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線