メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

逮捕目前の夫に死に場所を与えた「新井将敬」妻の覚悟

政界往来  公開日時:2016-03-30

 

 永田町で「青年将校」と呼ばれた新井将敬元代議士は、自身の関与が疑われた事件捜査の真っ只中に自ら命を絶った。証券取引法違反の容疑で検察の手が迫った矢先のことで、突然の死には「謀殺説」など様々な憶測が飛び交った。が、そこには、「新井代議士の妻は夫の自殺を予期していた」との指摘も含まれていた。

 ***

「あの日、奥さんは将敬が自殺することを分かっていたと思う。健気な方だ」

 と、振り返るのは亀井静香代議士(79)だ。彼の元には新井が自殺する前日の夜、本人から電話があった。

「泣きじゃくりながら“亀井先生、検察は酷い。彼(日興証券の担当者)は何日も事情聴取を受けているのに、私はわずか3時間。わずか3時間で逮捕請求とはどういうことですか。悔しい”って言ってた。俺は“悔しいだろう。でも、しっかりしろ”と励ましたんだ」

 バブル崩壊から6年後の1997年12月、当選4回… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線