メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

共和党でトランプ氏まだ圧倒的優位ではない

政界往来  公開日時:2016-03-30

 

序盤戦終え、米大統領選の今後を占う

民主党と共和党の予備選挙と党員集会が集中的に行われた3月1日の「スーパー・チューズデー」と5日の「スーパー・サダデー」で大統領予備選挙の序盤戦が終わった。まず最新時点での両党候補者の代議員獲得状況を見てみよう。

民主党の大統領候補に選出されるためには代議員2383名を獲得しなければならない。他方、共和党は1237名が必要である。「スーパー・サダデー」が終わった段階での代議員獲得数は、民主党のヒラリー・クリントン前国務長官が646人、バーニー・サンダース上院議員が424名である。

ただ民主党には“スーパー代議員”という制度がある。大統領経験者、党の役員などが、選挙を経ず、独自に投票権を与えられている。スーパー代議員は予備選挙の結果に拘束されず、各人が独自に支持者を選ぶことができる。最新時点でスーパー代議員を含めた獲得数はクリントン候補が1… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線