メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

米50万人、VW賠償請求 排ガス不正訴訟「転売価値損なう」

政界往来  公開日時:2016-03-01

 

独フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正を巡り、米国での集団訴訟手続きが25日に始まった。全米約50万人の原告を代表して183人の車の保有者が原告団となり、金銭面などの損失補填を要求している。米国では当局の制裁金だけで5兆円を超すとの見方もあり、訴訟への対応次第ではVWの経営の屋台骨を揺るがしかねない。

 VWへの民事訴訟はもとは500件超あったが、数が多すぎるためカリフォルニア州の地裁で一括して取り扱うことにし、25日は1回目の公聴会が開かれた。VWのマルティン・ヴィンターコーン前社長、マティアス・ミュラー現社長に加え、傘下のアウディ、ポルシェの経営陣らが被告となった。不正に使われたエンジン用ソフトウエアを供給した部品大手の独ボッシュも含まれる。

 訴状ではVWの不正を「史上最も厚かましい企業犯罪のひとつ」と断罪。ディーゼルエンジンに搭載した違法なソフトで排ガス値をごまかし「… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線