メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

激化するアップルとFBIの舌戦、両者譲らず

政界往来  公開日時:2016-03-01

 

 先月、米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)と連邦捜査局(FBI)のジェームズ・コミー長官がある会合で顔を合わせ、テロと戦うためワシントンとシリコンバレーがどのように協力できるかを話し合った。

 カリフォルニア州サンノゼで1月8日に行われたこの会合には、マクドノー大統領首席補佐官やリンチ司法長官らも出席した。その場の討議内容を知る関係者らによれば、クック氏は席上、これら政府当局者に対し、暗号化の効用を公に認めるよう求めた。これに対しコミーFBI長官は、捜査で求められているデータについて企業は裁判所に指示されたアクセス実現方法、つまり暗号化回避の方策を政府と協力して考案すべきだと述べたという。

 関係者によれば、会合では両氏とも、当時は秘密だったアップル・FBI間の争点には触れなかった。つまり、昨年12月2日発生したカリフォルニア州サンバーナーディーノ銃乱射事件のサ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線