メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

マイナス金利で静かな取り付け懸念

政界往来  公開日時:2016-02-29

 

【プロが見る 経済ニュースの核心】
金融庁が金融機関を緊急調査

 日銀は16日からマイナス金利を導入したが、金融界への影響は想定を超えた。日銀のマイナス金利導入を前に、銀行の預金金利は相次いで引き下げられ、1年定期と普通預金の金利が同じになり、みずほ銀行では預入期間が1カ月から10年までの定期預金の金利がすべて同じになった。

 本来、普通預金よりも定期預金の金利は高いというのが常識であり、預入期間が長い定期預金の方が金利は高いはずだが、まさに異常な世界が広がっている。三菱東京UFJ銀行は法人向けの預金について管理手数料を取る検討を開始した。

 また、債券市場で、長期金利の指標となる満期までの期間が10年の国債の流通利回りが、一時マイナスとなった。利回りがマイナスになるのは世界的にも異例で、スイスに次いで2例目。利回りがマイナスとなった国債を満期まで保有すると損が出ること… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線