メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

東京女学館大学閉校の日が迫る! 大学に“残される”4年生が大学側に「要望書」を提出

編集部  公開日時:2016-02-25

 

 前号で報じた学校法人「東京女学館」(渋谷区 福原孝明学長)の大学閉校問題。その日が刻一刻迫っているなか、大学側は卒業できない生徒に対する解決策を、いまだ提示していない。
 学校に残るとされる学生(7名と言われている)は、日増しに“不安”“怒り”を募らせているのは当然で、そんな学生の1人が、学校側に提出した「要望書」を入手した。



              要望書
                          2016年2月2日
                東京女学館大学4年 E・K(原文は実名)

 私、E・Kは2016年以降も東京女学館大学に残る予定の学生です。
 しかし、2016年2月1日現在、大学側から来学期の教育状況に関する説明が全くなされておらず、両親ともに非常に困っている状況です。逆に理事会からは、今まで慣れ親しんでいる現在の大学教員全員に… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線