メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

ようやく解明された「ベッキー」の「LINE」だだ漏れの真相

政界往来  公開日時:2016-02-29

 

 俵万智さんの編んだ『あなたと読む恋の歌百首』に、ドキリとする一首がある。〈新妻の笑顔に送られ出(い)でくれば/中より鍵を掛ける音する〉。防犯のみならず妻に秘密のミッションがあったとしたら……。年明け早々にベッキー(31)を襲った新婚ホヤホヤ男との不倫騒動。原因は「LINE」の中身がだだ漏れしていたことだが、ようやくその真相が解明されたのである。

 ***

 ベッキーのお相手は、旧臘(きゅうろう)、紅白初出場を果たしたバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル(27)。この男とベッキーとのLINE、すなわち「スマホを通じた私信のやりとり」は、彼のスマホから流出していた。

 その詳細に触れる前に、事のあらましを振り返っておきたい。発端は、「週刊文春」(先月14日号)の報道によるものだ。文春は、〈相手の男の将来を憂うある音楽関係者〉から情報を得て、記事を綴っていた。

 そこで… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線