メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

「甘利大臣」をハメた情報源の正体(2)

政界往来  公開日時:2016-02-29

 

総理を目指す「甘利氏」が飛びついた“千葉に後援会を作る”というエサ

「週刊文春」による甘利明元経済再生相(66)の金銭授受報道の発端は、“「S」社”こと薩摩興行の総務担当者・一色武氏(62)の告発だった。「膨大な録音データを用意」「賄賂として渡す現金は事前にコピー」「秘書へ現金を手渡す現場を文春のカメラマンに撮影させる」と、素人離れした仕掛けを行った一色氏には、元右翼団体構成員の経歴があった。そんな一色氏が、土地トラブルを巡るURとの交渉にあたり、目をつけたのが現役閣僚だった甘利氏。「国際人権教育推進センター副理事長」の名刺で、甘利氏の信用を得ようとしたこともあった。

 ***

 結局、別ルートを使って、甘利事務所に接触を図ったわけだが、

「一色さんは、当初、甘利さん側に『後援会を作る』と言って接近したそうです。将来、総理を目指している甘利さんは、全国に後援会組織を… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線